里帰り出産をと考えた時

里帰り出産を行おうと考えた時に

 

お産が近くなった時に実家に帰省し、赤ちゃんが産まれたら家族に手伝ってもらいながら子育てを開始できる里帰り出産は母親の負担を減らす選択肢の1つです。

 

かつて暮らしていた住み慣れている実家で気軽に家族と過ごせたり、分娩を含めて日常生活で親の援助が受けられる事は、結果的にスムーズに子育てを始められるのがメリットと言えます。

 

ですが逆にデメリットとしては、夫と離れてしまう期間が出来てしまったり、産婦人科を探して変更するなどの急激な生活環境の変化が起きる事でしょう。

 

現代では母親が育児環境の孤立、そして育児能力の低下によって育児ストレスを抱える増加している事も見逃せません。

 

そういった背景からも、産後に退院した後に実家での生活を選ぶ女性は多くなっているというのが現状です。

 

また産後1ヶ月は産褥期にあたり、身体・精神的に大きな変化を迎える時期でもあるので、穏やかに過ごせる環境は大事です。

 

さらには新しい家族(赤ちゃん)を迎える事により、家族関係の変化や生活状況の変化を経験する時期でもあるので余裕を持って過ごせると良いでしょう。

 

妊娠した母親にとって入院中は先生や看護師などの専門識者がアドバイスを貰えて、色んな事に対処する事が出来るようになります。

 

ただし、退院後は自分でやらなければならない事が多くなってしまい、すぐに相談できずに不安になるケースもあるのです。

 

こういった事情を踏まえ、里帰り出産をお考えの場合に役立つアドバイスを当サイトで行わせていただきます。

 

 

里帰り出産に関する悩みや解決法をご紹介します。


里帰り出産を行う理由

里帰り出産を行う主な理由

 

里帰り出産を行いたいと考える妊婦さんは意外と多くいたりします。

 

そこでどのような理由で希望しているのかを調べてみました。

 

その結果、やはり生活におけるサポートという理由が一番重要視されており、納得の理由でもありました。

 

特に多かったのが、産後の家事支援や育児支援に対する期待になります。

 

これは初めての出産と育児に対するアドバイスやサポートを身近で受けたいという思いが強かったです。

 

やはり初めての事だらけで出産に対する準備や、不安になって来る事もあるのですが、親や家族に相談できるとい安心感が得られます。

 

次に多かったのが食事の準備に時間がかかったり、赤ちゃんの授乳などで家事にかけられる時間が減ってしまう事に対する考え方でした。

 

赤ちゃんの世話をしながら家族の食事を作るとなると、なかなか集中して行うのが難しくなります。

 

特に授乳のタイミングが重なってしまった場合、調理を中断しなければならず、一気に進める事ができません。

 

こういった時に親がいると、授乳をしている間は調理を進めてもらったり、体調がすぐれない時は代わりにやってくれるので安心できるという事です。

 

また、育児に集中したいので家事を父母に頼むことで、最低限の家事だけは行うという分担も出来るようになります。

 

これらの主な理由で里帰り出産を行う妊婦さんが多く存在すると言う事です。

 

里帰りを行おうと考えた際は、まず妻が夫に相談し、その次に妻の父母と相談して決断するのが良いでしょう。

 

 

里帰り出産は家族のサポートを受けられるのが最大のメリットです。


里帰り出産のメリット

里帰り出産メリットは数多くあります

 

里帰り出産を行った方が感じたメリットは生活面における余裕です。

 

実家に帰省し、父母からの支援があって産後でも戸惑うことなく生活できたり、不安のある中で頼れる両親の存在は大きかったそうです。

 

さらに、父母だけでなく祖父母も手伝ってもらい家族一体で生活できたので、しんどい時に親に甘える事が出来てストレスが溜まらなかった事も良いですね。

 

出産後に帰宅してからは、父母がちょくちょく赤ちゃんの様子を見に来てくれるようになったという方もいて、初孫を可愛がる祖父母と楽しく過ごせたようです。

 

特に多かった意見ですが、地元にいる友達と久しぶり再会できたというのも大きかったようです。出産経験のある友人からアドバイスが貰えて安心できて良かったそうです。

 

また、2人目以降の場合は親が1人目の子供を見てくれるので、2人目の子供の世話に集中できて助かったとの事です。

 

やはり2人目になると、1人目の子供がいるのでどっちにも構ってあげないといけないので1人では疲れてしまうので、親の存在は大きいですね。

 

出産直前においては、陣痛が来た時にすぐに病院に連れて行ってくれるのも助かります。。これは一緒に過ごしているからこその早い対応ですよね。

 

特に帰省前の平日の日中は家の中で1人で過ごす事が多かったけど、帰省すると親が常にいてくれたので話し相手にもなってくれて楽しめる用です。

 

こういった様々な良かった事もあり、里帰り出産を考えている場合の参考意見としていただければと思います。

 

 

里帰り出産のメリットは家族の存在がとても大きいですよ。


里帰り出産のデメリット

里帰り出産でデメリットを感じたケースです。

 

先ほどはメリットについてご紹介しましたが、逆にデメリットを感じる方もいたりします。

 

そんなデメリットを感じた事例も紹介していきます。

 

まずは母親が過度に育児に干渉してくるケースがあります。特に教育に熱心なタイプの親だとありがちだそうです。

 

特に良く見られるのが、勝手に赤ちゃんの物(服やオモチャなど)を購入してくるケースです。

 

買ってくれるのはありがたい事なのですが、何の相談もなしに買ってこられると困ってしまう事もありますよね。

 

また、小さいうちから子育てのやり方に関しても1つ1つをチェックして、自分の考え方と違った際は口出ししてきたりするとしんどいです。

 

こういった場合は母親がもの凄くストレスを感じてしまい、家にいるのが嫌になるくらい辛くなってしまいます。

 

次に実家の衛生状態が良くなかったケースがありました。

 

実家の風呂やトイレが非常に汚く、部屋の角には何か分からない段ボールが積み上げてあったり、埃がいっぱいで衛生上良くありません。

 

こういった環境だと部屋の中の空気に埃がまみれてアレルギーの原因となってしまいます。また風呂が汚いのは精神衛生上も良くありませんよね。

 

出産前の母親や、赤ちゃんが過ごす場所は常に清潔にしておきたいものです。

 

他には、実家で暮らす独身の姉妹(30代)のケースがあります。親に結婚の事でいろいろ言われて比較されてしまうので嫌な気分になってしまうのです。

 

その結果、怒りの矛先が自分に向かってきてしまう理不尽な事が起きてしまうと、家の中で過ごしにくくなってしまいます。

 

また、母親が離婚しており、親子仲もそこまでよくないケースもあります。こういった場合は帰省しない方が賢明と言えます。

 

こういったデメリットも起きうる話ではありますが、家族の仲が良いと言う事が前提で帰省する方が安心できます。

 

 

里帰り出産でのデメリットも家族がらみのケースが多いですよ。


里帰り中で注意すべき事

里帰り中で注意すべき事があります。

 

帰省してから過ごしている際には、出来るだけ早めに帰省先の産婦人科で診察を受ける事をおススメします。

 

それは、帰省する事で新しい病院を探さなければならず、全ての病院が里帰り出産を受け入れてくれるわけではないからです。

 

中には断られてしまうケースがあるからなのです。こうなると心理的にも不安になってしまい、精神的にも良くありません。

 

そこで帰省前から地元の産婦人科をネット検索などで調べておき、電話で里帰り出産を受け入れているかどうか?を聞くと良いでしょう。

 

妊娠中期以降にに受診して出産の予約等が必要な医療機関もありますし、妊娠9 ヶ月後半に受診すればいい医療機関もあり対応はさまざまです。

 

また、母親学級などを開催している場合は積極的に参加をおすすめします。

 

これは出産までに必要な知識を身に付けたり、出産後にやるべきことなどの先々の出来事を想定できるようになるからです。

 

最も注意すべきは食生活になります。実家での生活は親のサポートもあって楽に過ごせるのがメリットです。

 

ですが、食べ過ぎたり運動不足になって太り過ぎないようにしてください。許容範囲を超えた体重増加は産後の体型に影響してしまいます。

 

実家で過ごす場合は、無理ない範囲で体を動かして運動するのが良いでしょう。軽くウォーキングを行う程度でも十分な運動となります。

 

そして1人で過ごしている夫への連絡はこまめに行っておきましょう。

 

いつもは妻と一緒に過ごしている夫ですが、しばらくは1人で生活せねばならず寂しい思いをしていたり、食生活が不規則になりかねません。

 

特に週末になると飲み会などもあったりするので、飲み過ぎに気を付けるように軽く言ってあげるだけでも良いですよ。

 

他には、出生届や児童手当の申請などの誕生後に行うべき手続きの準備(書類+印鑑)を進めておいてください。

 

早めに決めておけば、いつ・どこで提出するかがハッキリ決まっているのでバタバタする事無くスムーズに進める事が出来ますよ。

 

 

里帰り中は生活環境が変わるので注意してくださいね。


里帰り出産で帰省するタイミング

里帰り出産で帰省するベストタイミングは?

 

実際に里帰り出産を決めた時に悩むのが帰省するタイミングです。

 

早めに帰っておけばよいのか、それとも出産が近くなってからにするのか?で決めかねてしまう場合も考えられますよね。

 

そこでベストなタイミングとして、基本的には妊娠35週目までには済ませておくのが良いでしょう。

 

もしギリギリまで帰省を伸ばした場合、お産がいつ始まってもおかしくない状態になってしまうからです。

 

そうなってしまうと、気持ちに余裕が無くなり常にバタバタした状態になって心が休まる暇さえなくなってしまいます。

 

そして帰省する2〜3日前には産婦人科で健診を受け、体調や健康状態に異常がない事をチェックしておいてください。

 

もしも異常が見つかった場合、帰省先の病院で受け入れが難しくなってしまうケースも見受けられるからです。

 

帰省前には、これまでの妊娠経過を記録した紹介状を書いてもらい、帰省先で通う病院に提出するとこれまでの経過を医師が把握できるので必ず行いましょう。

 

 

里帰り出産で帰省するなら妊娠35週目までに済ませておいてくださいね。


里帰り出産の移動手段

里帰り出産の移動手段

 

帰省時は体に負担のかからない方法を選ぶようにしてください。

 

自宅から実家までの距離にもよりますが、大まかな移動手段としては車・電車・飛行機の3つが考えられます。

 

車の場合は、だいたい3時間以内の距離ですと休憩をしながら行くと無理しなくて済みます。

 

電車の場合、指定席を選択して必ず座れるようにしてください。ずっと立っている状態ですと体に余計な負担が掛かってしまいます。

 

特に新幹線の場合はできるだけゆっくり過ごすためにグリーン車をお勧めします。

 

自由席と違い、左右に広い席が2つずつですのでのんびり過ごせます。自由席に乗る場合は平日の昼間が空いている事が多いのでおススメです。

 

飛行機の場合、妊娠36週を越えてしまうと医師の同意書が必要になってしまうので要注意です。

 

また帰省時には1人ではなく、夫に付き添ってもらうと安心できます。

 

帰省時にどの交通手段を利用するのかも事前に必ず決めておいてくださいね。

 

 

里帰り出産の際の移動は体に負担が少ない方法にしてくださいね。


里帰り出産後に家に帰るタイミング

里帰り出産後に家に帰るタイミングはいつ?

 

出産も終わって新しい家族が出来てから帰省から戻る事になります。

 

基本的に戻る時期は産後1ヶ月くらいのタイミングの方が多いです。

 

赤ちゃんとの触れ合いや、授乳もコツを掴んで慣れて着た頃のタイミングなんです。

 

家に戻る際は医師の許可を受けてからにしてください。産後の検診もあるので、母親の回復状況にも関係してきます。

 

そして産後1ヶ月なら赤ちゃんも飛行機に乗る事も出来るので、遠い場所に帰省している際はご参考ください。

里帰り出産と妊婦健康検診の助成金

里帰り出産と妊婦健康検診の助成金

 

里帰り出産における妊婦健診の一部を自治体が負担する「妊婦健診費用助成」という制度があります。

 

役所で妊娠の届け出をした後、母子手帳を受け取る際に受診券を貰える仕組みになっています。

 

ですが、県外で受診する場合はこの券は使う事が出来なくなってしまい、1度自己負担で支払った後に払い戻しを行うのが一般的となっています。

 

お金に関わる大事な事ですので、いつまでに・どこで払い戻しをすればよいのか?を住んでいる自治体で必ず事前確認をしておいてください。

 

自治体によっては里帰り出産を行う際に申請すれば、健診費用の一部を補助してくれる制度が存在するところもあります。

 

申請時に必要なものは以下になります。

  • 母子健康手帳
  • 未使用の妊婦健康診査受診票(余りの分)
  • 医療機関の領収書※⇒受診者氏名、健診年月日、領収金額、医療機関名の確認ができるもの。
  • 振込先の口座がわかるもの(通帳等)

※領収書を紛失した場合は、医療機関から申請書裏面の各項目を記入いただいて
下さい。

 

 

妊婦健康検診の助成金は里帰り前に調べておくと良いですよ。


 

 


TOPへ戻る